読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がくさんの旅のはなし

一人ぼっちで友達を作りながら旅するはなし。

え?一緒にディナーですか?...あぁ...なるほどね...

今日からはバルカン半島の話です!

リアルタイムはすでにバルカン半島を抜けイスラエルにいます。

時間がなくてめっちゃ駆け足だからさらっといきます。さらっとね。

 

そんなわけで初回は特に何にもないけどなんとなーく好きになったスコピエのお話です。

ビシュケクでの空港泊を終え、チェックインカウンターを探すけどない...

スタッフに聞いたら"イスタンブール行きなら上の階だよ!"って教えてくれたので、2階で寝てたんですけど、探してもカウンターがない...

そんなこんなで焦ってたら、同じように迷子のイスラエル人の女の子に出会いました。

頑張って二人で探したら1階の隅っこにありましたw 2階じゃないじゃん!w

そんで"今度イスラエル行くよ!"なんて話してたら、"困ったら連絡してね!あとでFacebook教えるわ!”って言われたんですけど、セキュリティチェックでバラバラになり交換できぬまま今日に至ります。どこかで偶然出会わないかなー。

 

で!飛行機でびゅーーん。とイスタンブール経由でびゅーーん。とスコピエに到着です。

空港から市内まではバスで行けます。バスってどこで乗れるの?ってことですが、大丈夫スコピエ...英語が通じるぜ!

ロシア語で奮闘してきたここ最近からすれば安心感が半端ないです。

 

"Do you have ディナー?"

バスについていろいろおしえてくれたお姉ちゃんに聞かれたのです。

(今はまだ朝だけどどういうことなのか?)

(今夜の食事に誘われてるのか?)

(もしかしてスコピエは楽園なのではないか...?)

"え?ディナーですか...?"と確認の質問を投げかけてみます。

"ここから市内までは350ディナールよ。"

あぁ...この国の通貨はディナールって言うんだ...知らなかった...

そんなお話でした。

 

はい、市内に出たので街歩きを開始します。

f:id:Gaku-san-07:20150803005450j:plain

かっけー。この街は銅像だらけなのです。

f:id:Gaku-san-07:20150803005531j:plain

マーライオン的な?

f:id:Gaku-san-07:20150803005539j:plain

母と子の愛情を表現しています。

f:id:Gaku-san-07:20150803005448j:plain

完全に自撮りしてますw

これはごく一部!このほかにもたくさん銅像があります。

どれくらい多いかっていうと、テキトーに写真撮ればどこかに銅像が写ってるくらい多いです。冗談抜きでそんな感じ!

f:id:Gaku-san-07:20150803005452j:plain

こんな立派な凱旋門的なやつもなんでそこにあるの?ってとこにあったりします。

f:id:Gaku-san-07:20150803005457j:plain

街中にはこんなバスが走ってて、二階席から街を眺めてぶらぶらするのも楽しいです。

f:id:Gaku-san-07:20150803005534j:plain

立派な橋も多い!もうなんでも画になるようなものがたくさんあります。

で!今日は川のこっち側の話!(伝わるかな?)

この写真でいう手前の話です。

手前が新しい街で、向こう側がちょっと旧市街的な街並みです。

f:id:Gaku-san-07:20150803005645j:plain

f:id:Gaku-san-07:20150803005649j:plain

あぁこれで図書館ですからね。立派立派。

f:id:Gaku-san-07:20150803005500j:plain

街は発展してるんだけど、どこか素朴な感じで落ち着きます。

f:id:Gaku-san-07:20150804014849j:plain

人も優しいし、日本人だよっていうともっと優しくなります。

f:id:Gaku-san-07:20150804014902j:plain

マザーテレサが生まれたとこなのかな?博物館と像も立ってます。

f:id:Gaku-san-07:20150804014903j:plain

街中にこんな感じで古本屋さんがあっていい雰囲気なのでした。

 

わたくしがですね、街を見る基準を発表いたします!

街ってかこの旅で一番見てるところですかね。

人の温度!優しさだけじゃないです。うまく説明できないけど温度です。

街の落ち着き具合!落ち着き過ぎていても、活気がありすぎてもピンとこないのですw

これが重要なのです。

スコピエはちょうどよく兼ね備えていて完璧なのでした。