読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がくさんの旅のはなし

一人ぼっちで友達を作りながら旅するはなし。

ニゴンボを歩いてみた。

これからカザフスタンを離れてキルギスへ行ってきます!

腐敗しているといる警官に出会いませんように!!

 

今日からスリランカの話です。

空港から宿まで...白タク使っちゃったんだよね...

でも普通のタクシーと同じくらいだったし、怖い思いもしなかったのでセーフです。

あ!白タクってのはタクシーじゃないタクシー?のことです。

TAXIマークをつけてない、タダの乗用車をタクシーやっちゃってる人です。

つまり...届出?認可?受けてないタクシーなのでトラブル多し!ってことです。

 

スリランカではタイで出会ったソンクラーン仲間と合流することになっていたのです!

で、まずニゴンボの街を歩きます。

f:id:Gaku-san-07:20150626091527j:plain

f:id:Gaku-san-07:20150626091530j:plain

川のすぐ横にプレハブみたいな家を建てて暮らしていたり...

 

道に迷ったので、線路の上を歩くことにしました。

f:id:Gaku-san-07:20150626091541j:plainf:id:Gaku-san-07:20150626091544j:plain

そしたら...こんな線路の脇にも生活があるのを発見しました。

その一方で街中には豪邸があったり....格差が大きのかな?

f:id:Gaku-san-07:20150626091538j:plain

こういうところってあんまり治安良さそうじゃないのかな?って思ったけど、子供はずっと笑ってるし、大人も優しかったです。

f:id:Gaku-san-07:20150626091533j:plain

線路の上なので、もちろん電車も来ます。

f:id:Gaku-san-07:20150626091546j:plain

f:id:Gaku-san-07:20150626091549j:plain

f:id:Gaku-san-07:20150626091551j:plain

電車がくるよ!って合図もないのでちょと危ないかも?

f:id:Gaku-san-07:20150626091554j:plain

かわいい!インド人もスリランカ人も目が大きくてかわいいです。

 

 街を歩ってると...たくさんの子供たちに出会います。

f:id:Gaku-san-07:20150626091723j:plain

f:id:Gaku-san-07:20150626091726j:plain

f:id:Gaku-san-07:20150626091731j:plain

f:id:Gaku-san-07:20150626091735j:plain

子供達も向こうから話しかけてきてくれたりします。

たまに”スクールペン!スクールペン!”ってペンくれ!って要求されるけど...

 

スリランカ人は親切で、優しくて...温かい人が多いです。

英語もわりと通じるし、ニゴンボは夜歩いても危険な感じがしませんでした。